渋川市立橘北小学校
 

学校の出来事

活動紹介 >> 記事詳細

2021/09/21

授業の様子

| by Admin
 6年1組では、国語で「やまなし」(宮沢賢治作)の学習をしています。
 本時は、[「五月と十月の様子を絵や図に表しましょう」というめあてのもと、文章から様子を読み取り絵や図に表す学習に取り組んでいました。
 子どもたちは、絵を描く材料になる表現(様子)を抜き出しました。抜き出された表現は、具体物をそのまま表す表現や、比喩表現など様々です。事前に行った意味調べだけではイメージできず、「かばの花」「水銀」「鋼」などはタブレットPCを使って写真で確認しました。その過程で、「なめらかな天井」「光のあみ」「ぎらぎらする鉄砲玉」「コンパス」など、言葉の意味を理解するだけでは絵にすることが難しいものに気づきます。それが比喩表現であり、これを理解することが宮沢賢治の描写の仕方のおもしろさを味わうことにつながります。子どもたちは表現をもとに絵にする学習を通して、自分自身のちからで宮沢賢治の世界を味わっています。
       
      
10:32