渋川市立渋川南小学校
 

Ⅰ 学校教育目標

 <基本目標>
   高い知性と豊かな心をもち、心身ともに健康で、強くたくましく生きる児童の育成
 <具体目標>
  〇かしこく・・・・・・進んで勉強する子
  やさしく・・・・・・心豊かで思いやりのある子
  たくましく・・・・・進んでチャレンジする子
 <本年度の重点目標>
  自ら対象にかかわり、自らの考えを伝え合うことを通して、自らの見方・考え方を広げる児童の育成
 

Ⅱ 目指す学校像・教師像

 <目指す学校像>
  〇地域の歴史と風土に根ざした、活力と潤いのある学校
  児童や教職員一人一人にとって、満足感と有用感のある学校
  信頼と秩序のある、家庭や地域社会に開かれた安心・安全な学校
 <目指す教師像>
  組織の一員としての自覚をもち、児童とともに成長できる教師
  広い視野をもち、保護者や地域の方々から信頼される教師
  専門性を高める努力をし、児童のよさや可能性を伸ばす教師
 

Ⅲ 学校経営の方針

 1 全教職員参画による活力と創意ある、組織的な学校経営を推進し、すべての児童・保護者・教職員
   にとって魅力ある学校づくりに努める。
 2 新学習指導要領の全面実施を見据えた教育課程の編成・実施・評価・改善により、たくましく生き
   る力を育成する。
 3 家庭や地域社会と連携・協働を図ることにより、相互の信頼関係を深め、特色ある教育及び開かれ
   た学校づくりを推進する。
 4 命を大切にし、健康と安全を考えられるよう、安全教育の充実を図り、危険を予測し回避する能力
   を高める。
 5 校内・校外の研修の工夫・充実を図ることにより、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた
   授業改善を推進する。
 

Ⅳ 学校経営の重点

1 全教職員による学校経営参画体制の構築
 (1)報告・連絡・相談体制を確立し、組織としての機能を高める。
 (2)「服務規律確保行動計画」の策定と点検評価及び服務規律委員会の計画的な実施により服務規律
    を徹底する。
 (3)温かく、風通しのよい人間関係を構築し、協働体制を確立する。
 (4)教育課程に基づき、組織的・計画的に教育活動の質的向上を図るため、校務分掌による役割分担
    や相互連携を推進する。
 (5)業務改善に全教職員で取り組み、校務の効率的な運営を図り、勤務環境の改善に努める。

2 創意ある教育課程の編成・実施・評価・改善
 (1)各教科等の授業時数を確保し、指導内容・指導方法の工夫・充実を図る。
 (2)「確かな学力」「豊かなこころ」「すこやかな体」をバランスよく育む教育課程を編成し、たく
    ましく生きる力を育む(下図参照)。
 (3)PDCAサイクルによる教育課程の評価・改善に努める。
 (4)特色ある学習環境(多目的スペース・オープンスペース・ビオトープ)の有効活用を図る。
 (5)保護者や地域の方々の教育力、地域の自然や施設を積極的に活用する。

3 学び続ける教師集団の形成

 (1)児童一人一人にとって居場所のある、自己有用感をもてる温かな学級・学年経営の実践に努める。
 (2)人事評価の推進や経験の拡大による職能成長を図る。
 (3)管理職による授業参観・助言等を積極的に行い、授業力の向上を図る。
 (4)校内研修、校外の研修へ主体的に取り組めるようにし、資質向上を図る。
 (5)相互授業参観の実施と指導法等に関する日常的な情報交換を推進する。

4 キャリア教育の推進
 (1)中学校との連携を図るとともに、家庭や地域社会の理解・協力を得た上で、義務教育9年間を見
    通したキャリア教育を推進する。
 (2)将来の社会的・職業的自立のための基盤となる力の明確化を図り、各教科等でキャリア教育の視
    点を取り入れた実践を行う。

5 安心・安全な環境づくり
 (1)定期及び日常の複数の目による安全点検をし、危険箇所については速やかに修繕を行う。
 (2)職員による交通指導や通学路点検、学校・PTA・育成会・自治会・青少推による合同通学路点
    検を実施する。
 (3)「地域の安心・安全に関する連絡会」(学校・PTA・自治会・育成会)を開催する。
 (4)いじめ・不登校の未然防止・早期発見を心がけ、組織的な指導体制の充実・強化を図る。
 (5)安全教育の徹底と地域と連携した登下校の安全対策を図る。
 (6)不審者侵入対策等の安全管理体制の充実・強化を図る。
 (7)「危機管理マニュアル」の整備及び危機管理意識の高揚と危険予測・回避能力育成のための指導
    の工夫を図る。

6 特別支援教育の推進
 (1)特別支援教育コーディネーターを中心とした校内支援体制及び研修の充実を図る。
   ①校内委員会やケース会議の計画的な実施による、個に応じた指導の一層の充実
   ②全教職員の特別支援教育に対する理解の深化を図る研修の実施
   ③職員間の共通理解による全校的な指導・支援体制の確立
 (2)特別な支援が必要な児童の理解と保護者との連携による指導・支援の充実を図る。
   ①児童の実態や保護者の思い、学校の方針が共有できる「個別の支援計画」の作成・活用
   ②誰が、いつ、どこで、どのようにかかわるのかが分かる「個別の指導計画」の作成・活用
   ③幼保小中及び関係機関との連携を軸に、保護者の思いに寄り添いながら児童の自立を促す教育支
    援の推進
   ④通級指導教室との連携による個に応じた支援の充実
   ⑤障害のある児童と障害のない児童の交流及び共同学習の推進

7 家庭・地域社会との連携・協働
 (1)学校・学級だより等の各種たよりやwebページでの情報発信を通して、学校教育への理解を得る
    とともに、学校・家庭・地域の三者が連携した実践の充実を図る。
 (2)学校評価における自己評価及び学校関係者評価の実施、評価結果及び改善策の公表、改善策の確
    実な推進に努める。
 (3)PTA、育成会、自治会との連携を深め、信頼される学校づくりに努める。
 

概要版のリーフレットもご覧ください

(クリックするとPDFファイルが開きます。)
渋川南小学校の学校経営