活動紹介

Facebookページはこちら
 

治癒証明書

治癒証明書が必要な場合は、ここからダウンロードしてお使い下さい。
 

アクセスカウンタ

COUNTER8372
 

概要

校 名 群馬県渋川市立渋川北中学校
所在地 〒377-0027
    群馬県渋川市金井1044番地
    東経 139度00分06秒
    北緯  36度30分05秒
    標高 221.2m

 渋川市は、日本そして群馬県のほぼ中央部、雄大な関東平野の始まる位置にあたり、古くから交通の要衝として栄え、豊富な水資源を活かした工業、山地の開拓による農業や、首都圏の奥座敷となる観光・温泉などを主要産業としてきた。
 平成18年2月に、旧渋川市を中心に渋川市と近隣5町村が合併し、新渋川市となった。それに伴い学校名も渋川市立渋川北中学校と改名された。
 渋川北中学校の学区は新渋川市のほぼまん中に位置し、南は渋川中学校と、北は金島中学校と接している。また、東は利根川をはさんで北橘地区・吾妻川をはさんで子持地区とも接している。そして、西は伊香保地区と接する東西に細長い学区となっている。
 学区は渋川北小学校と渋川西小学校の2つの学区から成り立ち、渋川北小学校の生徒の割合が多い。 また、地域的には旧市街と新興住宅地に分けられる。また、この地域には江戸時代から明治にかけて渋川郷学といわれる庶民の学問が発展し、多くの優れた人材を育成した歴史がある。そのためか、多くの保護者は自営業や会社員であるが、教育への関心は非常に高いものがある。
 しかし、最近では大半の家庭が共働きであり、学校へ協力する時間的なゆとりがないというのが現状でり、本校の課題となっている。さらに、近年、経済状況が厳しい家庭が増加しており教育上大きな影響を与えている。
 

学校教育目標

◎自ら考え、学び続ける生徒
◎豊かな心を持ち、助け合っていく生徒
◎進んで行い、責任を持ってやりぬく生徒
◎体を鍛え、健康安全に心がけていく生徒