校章について

校章の由来(渋川中学校 五十年のあゆみ より) 校章の上部にある中学校の「中」の字は鳩のはばたきを表し、下部の三線は群馬の大地の上毛三山と渋川(カタカナでシブ川と書くと全てが3つの線で構成されている)を象徴的に表している。

 

校歌について

校歌
作詞 伊藤武雄
作曲 高田三郎

一  そびゆる榛名 赤城嶺(ね)の
   みどりがいだく 学び舎(や)に
   もゆる希望の 眉(まゆ)あげて
   はつらつはげむ 双葉(ふたば)こそ
   伸(の)びゆく我等(われら) 渋川中学校
 
二  若鮎(わかあゆ)おどる 大利根の
   清(すが)しきうけて この郷(さと)に
   光と開く 花なれや
   ほのぼの薫(かお)る 校風に
   輝く我等 渋川中学校