渋川市立小野上小学校
 

校章

 小野上小学校の校章は、昭和31年(1956年)11月22日創立80周年記念行事として、校章と校歌を決めました。
 外側のもようは、校紋の梅の花からとったもので、勉強の神様といわれる天神様の紋をとったものです。八角形は、ヤタノカガミを表しています。ヤタノカガミというのは、「古事記」という日本の昔のことを書いた伝説に出てくる鏡で、いつもこの鏡に自分を写して反省してみることを表しています。
 内側の図は、分解すると小ノ上小(小野上小)となるように学校の名前がデザインされています。これは、その頃の子ども達から募集したものであるという記録はあるのですが、残念なことに名前の記録が残されていません。
 

校歌